10th Anniversary☆


by remio-clover
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

夢のようで、夢じゃなかった1日。

下で報告した通り、行ってきました!

remioromen “Island Over The Horizon” 横浜アリーナ06.12.16
Invitation Premier Show 070323 @六本木ヒルズ


友達が当選して、声を掛けてくれました(泣)
最近嫌なことばっかりと、毎日塞ぎがちだったのですが、
こんな幸運なことがあるなんて、神は私を見捨ててなかったんだなぁ(´;ω;`)

友達の仕事が終わり次第合流し、六本木ヒルズへ!
受付遅めだったと思うんですが、席順のアルファベットが早くて興奮(笑)
良い席なのかどうかはわかりませんでしたけどね、、ライブだったらすごい近い。
その受付中、いつも見るスタッフさんを発見!もしや何か…
と、ほのかに期待しつつも、期待しすぎるのは駄目だよねって、
友達と気持ちを抑えてました(爆)

フロアーには人がうじゃっとしてました、予定時間を多少過ぎ、やっと中へ。
まず席につく。この席です↓右端の前から4列目?
b0077197_23192074.jpg

友達がトイレに行ったので、一人で待っていると…
「すみません」と、会場のスタッフに声を掛けられ「チケット見せてください」と。
…ハイ、1列席間違ってましたー(汗)
「お客様の席はこの1列前です」…この席の方、びっくりしたでしょうね
ごめんなさい…恥ずかしい(;゜∀゜)




最初に、J-WAVEの藤田琢己さんが司会で登場。

このプレミアム上映会、DVDと違うところは、
MCノーカットと、紙ふぶきの曲のところで、ちらちらと裏の映像が流れました。
DVDは、1回しか見れてなかったですが、その1回の印象ともまた違いました。
更によかったです。そりゃこの上映会で見れたんだから、当たり前だろー
と言われれば、それまでですけど。
なんて言うか、ちゃんと見てなかったな…と思って。
映画館のスクリーンではっきり見える表情、あぁ…こんな表情してたんだな…
なんて、新たな発見だったり、あったかい感情が沸きました。

もちろん、大画面で、大音量だから、ライブの臨場感が味わえました!
だから、、、黙って見てるのがものすごく辛かった(TBT)!
行った方でこういう方、きっと多かったんじゃないかな?と思います。
あの「永遠と一瞬」から始まって、「五月雨」…うー!オイオイしたい!爆
体が反応してしまうんですが、みなさん大人しく見ています…
私がおかしいのか?いや、後で聞いたら友達もそうだったと。
会場出た後、歩いてる人たちもそんな話してました。

まるで生殺しのようでした(←批判ではない)
とりあえず、膝に掛けたコートの下で、足と指でリズムとってましたけど(笑)

MC自体は、横浜3日目に参戦された方は知ってるんですよね~
そのレポとか読んでる方もいると思いますけど…とりあえずします!

◆今日のライブは撮影していて、DVDになりますって話。
啓介「鼻水・鼻毛出てないか、気を付けてくださいね~」
亮太「ブッ(笑)…前田さんは大丈夫ですか?」
啓介「僕は常に出ていますからね~」
治 「…っていうかさ、今啓介くんが鼻水って言ったとき、
    お客さんが鼻こすってて…おもしろかった(笑)」←笑顔かわいかった

◆啓介くんが家に帰った話。
啓介「この間さ、久しぶりに家に帰ったら、家族に…岩みたいって言われた」
会場大爆笑(もちろん映画の会場も)
啓介「丸くなったねって言われんならわかるけど、四角だからね(笑)」
亮太「啓ちゃん岩みたい!って?笑」←啓ちゃんか~♡
啓介「そう。」

◆ライブ前のフットサルの話。
亮太「体力作り?のためにフットサルしてるんですよ~」
啓介「今日亮太くん、ハットトリック決めたよね!」

啓介「そんなことしてるんですよ~」
客 「カッコイイ~!!」
啓介「…カッコよくないから…全然そんなことない、こんなみすぼらしい体だけど
    サッカーとかやるんですよ(笑)」←そんなこと言わないで(泣)と思った。

◆世界観の話。
ちゃんと覚えてないんですけど、亮太くんが、HORIZONというアルバムや
ツアーを通して、世界観が変わった…?というような事を話してました。
亮太「世界観っていうのは、自分の周りの。僕とか、君とか、そういう身近な
    ことだったり、色々曲を作っていくことで、自分が変わったなぁ~と
    思ったり、変わってなかったり…そういう事を発見しているうちは、
    音楽を続けていけるな…と思って。だから、これからもたくさん良い曲を
    届けたいな、と思っています!」
全然正確じゃないと思うんですけど…(汗)こんな感じでした。

<紙ふぶきの時出た映像>
・アンケートを真剣に読む亮太くん
・リハーサル風景(ベースチェックする啓介くんカッコイイ)
・ファンとふれあう治くん
・フットサル姿(治くんの無邪気な笑顔☆亮太くんのハーフパンツ♡!)
・ステージに向かう前に、4人が手を合わせるところ

…これらの映像が、ちょこちょこっとライブ映像に混じってました。
感動が倍増しました。MCも、この映像も、ほんとによかった。
個人的な意見ですが、正直このままDVDにして欲しかったなぁ…
レミオロメンらしさがすごく出てて、良いと思うんですけど…。
スッキリまとめたかったのでしょうか?私は皆さんにも見て欲しかった、
あの上映会だけでは、もったいないな…と感じました。

この上映会で、私はかなり泣きました。
家でDVDを見た時も泣きましたけど、それ以上に。
まるでライブに参加しているような錯覚と、あのアリーナツアーで感じた
感情が蘇ったのと、彼らの気持ちが伝わってきたというか…。

* * * * *

映像が終了し、再び藤田さん登場。
レミオロメンのことを、結構以前から知っているようで、
「こんな大きなバンドになる前、お客さんがゼロのとこも見てました(笑)」
って言ってました。
「僕自身、レミオロメンの3人の人柄が本当に大好きで、
 皆さんも期待している前田くんのMCや(笑)人懐っこい神宮司くん、
 こっちが真面目な質問をすると、もっと真面目な答えが返ってくる藤巻くん。
 …本当に素晴らしい人たちだなぁ~と思います。」

そんな話をしながら…
「…なぜ僕がこんなに話を引き伸ばしてるかというとですねー…」

客「キャー!!(←興奮)」…まさか?!

「映像だけ見てもらってそのまま帰ってもらう、というのも申し訳ないような…」
「まだ僕の方に指示が来ないんですが…」とか、何かがある様子!!
「なぜ今回4会場で開催されてるかといいますと…」
藤田さん話を引き伸ばすのにかなり頑張る(笑)
しばらくして、
「あ、中継が繋がったようです!
 …それでは登場してもらいましょう!レミオロメンVo&G 藤巻亮太さんです!!」

亮太出た━━━━━━━ッ!!!!! 

やっぱりというか、まさかというか…!ほんとに出てきました!!泣
夢じゃないんだよな…?これは。現実なんだよな…?
ちょっと予想はしていたものの、その驚きと感動は半端じゃなかったです。
涙がドードーと勝手に流れてきて、目の前が曇るんですけど、
亮太くんをしっかり見たい!と思い、目をかっ開いてました(←怖)
なにがってさー、こんな忙しい中来てくれたかと思ったら、どうしようもなく
嬉しくて…(泣)感動なんて言葉じゃ表せないくらい衝撃でした。

…藤田さんがちょっと話す。
「仕事柄、色んなアーティストのライブ映像を見るんですが、
 こんなに完成度の高い…というか、気持ちをぶつけているライブは
 なかなか見たことがありません。それは、彼らだけじゃなくて、お客さんも
 一緒に作っているというか…。会場の皆さんを見ていても思います。
 誰かもわからない僕の話を、あたたかい目で見てくれていて…
 僕は、アーティストを成長させるのはファンの力でもあると思います。」

…それを聞いた亮太くん、嬉しそうに照れ笑い。←かわいい
藤田さん、色々な話を聞いて、すごく素敵な話をする方だなぁと思いました。

そして…
「なぜマイクスタンドにピックが刺さってるかと言いますと…」
みんな「(えぇーっ…まさか…?)」という感じになり、
亮太「じゃあ、行きますか」

「茜空」 …弾き語りで歌ってくれました(泣)

これ、ほんとにすごかったんです。
会場が狭いのもありますが、すごい声量で、
亮太くん…ほんとに一生懸命歌ってくれました。
リズムをとる左足と、目をつぶって歌い上げる姿に、本当に感動しました。


そのあとちょっと藤田さんのインタビューに答え、
「今日は一人ですが、どうですか?」と聞かれて、
「緊張しました、啓介と治がいなくて…やっぱりバンドなんで…(寂)」
とか言っててかわいかったー!見てたらほんとに緊張が伝わってきたんですよ、
マイクをギューって握ってて…なんだかきゅーんとしましたよ。
本当に誠実な人なんだなぁ…と感じました。
いつもと同じく、かなりキラキラしてるし(笑)

最後に、次のシングルの話をしてました。
「5/9に初の!両A面扱いで、シングルが出ます!1曲は[蛍]これは眉山という
 さだまさしさん原作の、本当に素晴らしい話で、僕も読ませて頂いたんですが
 それが映画になる、ということで、書かせて頂きました。
 もう1曲は[RUN]という曲です。」

そこで亮太くん…
走ると書いてRUN!! …って、どこにも書いてないですね(照)」
と自分にツッコミ(笑) 会場大爆笑!
「ラン」って走るの「RUN」ってことを説明したかったんでしょうね(爆)
そのあと…「最後に失敗しちゃいました…」って言って、
首かしげて、照れ笑いしてました…!!

めちゃくちゃかわいかった!! あーかわいい!!!!!


世界観が変わる、そんな成長している過程で出来たアルバムが
「HORIZON」です、というようなことを言ってました。
これを聞いて、その成長の過程を、自分が見ていられた事が嬉しかったです。
ブレなく見つめていて、本当に良かったな…と、改めて思いました。

なによりも、亮太くんが何度も「ありがとう」と言っていたのが印象的で、
言うたびに、それはこっちのセリフだよ…(感涙)と思って、
できることなら私たちの方から「ありがとう」と言いたかった。
…それだけが心残りです。

私の席から見たステージ(上映後撮影)
b0077197_2143158.jpg

近い…ほんとに近かった(泣)

その後、亮太くんがいたステージに残っていたマイクスタンドに
みんなが群がり撮影(笑)
b0077197_254721.jpg

うぅ…(泣)ここにいたんだなー。

撮影も無事できたし…とその場を去ろうと後ろを向いたら…

なんとビックリ!ひさチャン!発見!つい腕に掴みかかる(←かなり怪しい)
ビックリさせてごめんよ~(汗)
そして一緒にいたのが…みなみサン!ということで、はじめまして(*´ェ`)。
まさかまさか知ってる人に会えるなんて思ってなかったから、
本当に感動&興奮!会うのが2度目と思えないテンションで話す(←また・爆)


* * * * *


さて、こんなに長ったらしいレポを、ここまで読んでくれた方がいたら…
本当にありがとうございます。


こんな夢のような時間を、大好きな友達と過ごせて、本当に幸せでした。
友達には、感謝してもしきれません。。。
それだけじゃなく、行くことを「よかったね!」と言ってくれた友達や、
帰ったあと話したら「すごいねー!よかったねー!」って言ってくれた会社の人。
皆、自分のことのように喜んでくれて…本当にあたたかい気持ちになりました。


外に出て、友達がふと…
「あんな一生懸命な亮太くん見たら…自分も頑張らなきゃな…って思ったよね」
 って言って…私も同じこと思ってたって話して…。
…こんな風に、同じ気持ちで見れていたことも、本当に嬉しかった。

やっぱりレミオロメンが大好きで、本当に大好きで…出会えてよかったよね。

ヒルズを出た外から見えた東京タワー。 綺麗だったなー。
b0077197_226578.jpg

2007.03.23
彼らが大好きであることを、更に強く感じた特別な1日でした。
[PR]
by remio-clover | 2007-03-28 02:39 | レミオロメン☆