10th Anniversary☆


by remio-clover
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

全員めがね。

b0077197_3142024.jpg

全然関係ないですが、
3人ともめがねって貴重だったりしませんか?!

ひとりはサングラスですが。笑

見たとき、うおー!貴重ー!とか叫びましたよ(※心の中)

Oくん、めがねわりかし(←)似合うじゃないかぁー。
Rくんも黒縁とか絶対に似合うと思うんですが…!
ちょっと見てみたいです…。





いや、あの、すごくくだらない更新してごめんなさいね。笑
[PR]
by remio-clover | 2009-03-27 03:14
b0077197_361090.jpg

b0077197_361094.jpg

b0077197_3524730.jpg

b0077197_36105.jpg


ここにチラリと書きましたが、
先日、北海道のラジオ局が主催するシークレットイベントに幸運にも当選し、
心臓飛び出そうな気持ちで行って参りました!


3000ほどの応募の中、わずか100名(50組)という枠だったそうです…
ラジオの収録のイベントでして、わりと最近できた新しいとあるライブハウスで、
番組が用意した高価なソファー(笑)に座ってトークするという感じでした。
(画像4つ目参照。雰囲気だけでも感じていただければ…)
観覧側にはパイプ椅子が用意されていて、私は左側2列目をゲット。
しかし、ち、ちかい…

3人が出てきたときは、
もう近すぎて、ほぇー…(*゜ロ゜)と放心状態&感動で胸がジーン。

MCの女性もとても盛り上げ上手でまとめ上手で、嫌味なく絡んでいて、
楽しくて幸せな約1時間を過ごさせていただきました。

座ってトークが始まり、少しして曲をかける場面があったんですが、
(会場では後ろの大きなスクリーンにその曲のPVが流れるようになってました)
1曲目が始まった瞬間に、
スクリーンの方を向いて、ソファーに肘ついてくつろぐ亮太くん。笑
あまりに自然体でほほえましい光景に、会場から笑いが。

確か1曲目はsakuraだったかな。
おさくんが、このPV不評でさ…と話を切り出し、
電子ドラムで演奏する姿が「気持ち悪いとか言われて!」と。笑
力入れて叩かないと音が小さいらしく、
「だから全身を使ってて…気持ち悪いとか言われてもどーしよーもない!」
ってプチ切れしてました(笑)かわいかったです。

あとあの黒い影の人は、本当に人間でやってて、新体操の女性らしいです。
全身を黒く(顔まで全てだって!)塗って、撮影したらしいです。

その他も
南風とか3月9日とか粉雪とか流れて、それらPVが始まり出演女性を見ると
啓介くんが「かわいいっす」としみじみ。
二人もうんうん、と。
粉雪のときは、女性が出た場面でおさくんが、
「あーっ!この人もかわいいですよね!」と突然声大きめで。
好みだったんでしょうかね。笑

南風のPVでは、3人がまだ若いため、かなり恥ずかしがってました。
亮太くん、うわーこれ恥っずかしいなぁー…とか言って照れ笑いしてました。

トーク中でも、いつもの調子が満載で、
啓介くんが治くんをどついたり、首にチョップしたり(笑)
亮太くんがバッサリ切ったりと(笑)彼ららしい和やかな?雰囲気でした。


ベストについては色々なところで語っているように、
たくさんの方に聴いてもらえるような、
僕らを知っている人には、懐かしさとか成長を感じてもらえるような、
知らない人にはきっかけとなる扉の様なアルバムになれば良いな、と思いました。
というようなことを言ってました。

MCの方が、
選曲とかでお互いぶつかったりしなかったんですか?と質問したんですが、
それは不思議となかったよねぇー…って言ってました。
それぞれに思い入れのある曲だし、今までの流れがわかるような、
それを3人が大きなブレなく選べたことはよかったよね。って話してました。

やはりこの1枚は、これからに続く節目のアルバムです。と表現してました。

MCの方の、ジャケットが最高ですよね!との振りから、山梨の話になり、
本当に良いところなので来て下さい(^-^)と言ってました。
季節では、桃の花が咲く春が、やっぱり1番オススメだとか。
それから、彼らの原点であるあの神社は、持ち主の方にお返ししました。と。
なので今はもう立入禁止になってしまったんですが…と。


会場のお客さんのアンケート(質問)が読まれたりして、
その人が、私です!と手を挙げたら、啓介くんが「うん、かわいい」と言ったり。笑
本当に自然体で、物理的だけじゃない距離の近さを感じられました。


ライブツアー中など、とても忙しいスケジュールの中で来てくれて、
あったかい笑顔でそのステージに居てくれて、
感謝感謝の、とても貴重で幸せな時間でした。








そしてただ今、札幌のステラプレイスというお店の一角にて、
レミオロメンベストギャラリーなるものがやっておりまして(今月29日まで)
大きいモニターにてPVが流れていたり、
今までのライブグッズやCDの展示や、ベスト試聴コーナー、
札幌公演の会場にて展示する予定の、彼らに向けたメッセージを書ける旗や、
彼らが使用している楽器の展示などがされています。

そのギャラリーのモニターと楽器が、
1つ目の画像(合成しました)になりまして、
先日のラジオ収録の中でその話題が出たのですが、
この楽器、私が思った以上に貴重なものだったようでした。
治くんは、初めて自分で買ったバスドラらしく、
亮太くんは、初めて買ったギター(レスポール)らしいです。
啓介くんにまで話が周らず聞けませんでしたが…。


で、あらためてそのギターを寄りでじっくり見てみたら、
裏側(体に付く側)に欠けた部分がところどころ…。
(2つ目の画像参照)
使い込んだ感じが出まくっていて、うわー…と胸が震えました。
でもこれ、今だに亮太くん使ってますよね?
それとも同じの持ってて、ステージでは違うの使ってるのかな?
しかし初めて買ったものだから15とかそのくらいの時なわけで。
本当に大切にしているんだなぁと思うと、こうして間近で見れたことが、
ものすごく感慨深かったのです。
そういう、物や人を大切にする気持ちが、音楽に表れているんだなぁって、
だから優しくて強いんだなぁって、またまたあらためて感じたのでした。



画像が悪くはっきり見えないかもしれないですが、
みなさんにも、この雰囲気や楽器の欠け等を感じていただけたらな、と思います。


3つ目の画像は、
試聴コーナーにて試聴する、かわいい親子(勝手に撮影してすみません…)
こういう光景を見ているだけで、なんだかほんわかした気持ちになれますね。







札幌公演いよいよ来週です!
彼らの想いを受け止めに、
そして、こちらの想いをぶつけてきます!
[PR]
by remio-clover | 2009-03-27 03:06

神社時代の素朴な僕ら。

いまさらながらハケー(゜∀゜)ーンしたのでお知らせします。

とてもかわいいです。
噛んでるF巻さんに飢えている人はこちらへ。
すぐに見れます。笑

こちらをクリック→噛み巻きへ架かる橋

これ短いけどかなり良い。
オモシロメン。

やっぱりK介くんのおもしろセンスは最高だね!ひどいこと言っても愛を感じるね!
そして個人的に、その後のRくんのコメントがツボ。かわいすぎるわ!






昨日の夢の一夜を終え、
今日会社に行ったらパートさんに「目がハートになってるよ(´∀`)!」って言われました。
まだ治まってなかったか・・・(♥∀♥)orz
[PR]
by remio-clover | 2009-03-25 00:38 | レミオロメン☆

嬉しいのはなぜだろう

b0077197_201512.jpg

曲名を書いているだけで、
なんだか嬉しい気持ちになってしまう。



先日CSの録画を頼んでた会社のパートさんにディスクをもらったんですが、
「MDも入ってるから!」と言われ、
??なんだろう?と思ったら、
「なんかベスト出ましたよね?それ入れてほしい!」って。

嬉しくて嬉しくて

「あーもう入れまくります('▽'*)!」とかわけわかんないこと言って、
ひとりでいい気分になってしまいました。



彼らが思い描いたように、気持ちを込めた分、
たくさんの人に届いて広がっていく様を、ひとひら感じられたような。

何気ない頼まれ事が、私にとってはとても嬉しいことでした。





ありえないくらい自然体でトークする3人が、とても身近に感じられて、
またまた力をもらってしまいました。
もらった幸せで進むんです、また明日からも。



この収録イベントでMCの方が話していたんですが、
今回の当選は、なんと3000以上の応募から選ばれたそうです。
小さな場所だったし、本当に100人(50組)くらいでした。
(いや、正確ではないですが、150人まではいなかったと思う)

驚きと同時に感動でした。

それが友達と私で2つ当たって、4人で入れたんです。
奇跡としか言えません。

一生分の運を使い果たしたんじゃないか?!って、本気で思いますよね。



本当に本当に幸せな夜だった。
今日は久しぶりに冷え込んだ日だったけど、
帰りは熱い味噌ラーメンであたたまりました◎
彼らが行った店には時間的に行けなかったんですが、また今度。

そうそう、そのラーメン屋に関しても、またミラクルが…!
彼らに関することではないんですが、私と親友が個人的にね。笑




ではでは、
明日は久しぶりに早番なのでそろそろ寝ます☆

コメントお返事しないまま更新先走りしてすみません(>_<)
明日できるかな◎と思います。

おやすみなさい。



あ、大好きな3人へ。
めちゃくちゃ忙しい中、そしてめちゃくちゃ寒い中、
北海道に来てくれて本当にありがとう。
[PR]
by remio-clover | 2009-03-24 02:00

合唱団

b0077197_233985.jpg

b0077197_233953.jpg

見逃してしまったMステを、今日パートさんから借りました◎

トップバッターで39歌ったやつね。

登場からヤラレましたわ。笑
あの服変わってますねー、変な服(´∀`)←
いや、変わってる服好きなんですよ、かわいかったです。



で、歌が始まり、
声量抑えめに歌ってるなぁー(ツアー中だからでしょうか?)とか思って見てて、
歌詞をしみじみ…あーやっぱり良い曲だな(ノ_;)とか滲みていたら、

突如合唱団が左右に出現し、

歌ったー(゜ロ゜)!!!!!



突然すぎてほんと驚きました!
え?いつからいらっしゃったんですか?
全く気付きませんでした!
(後で見直したら、高校生合唱団と共に…ってちゃんと紹介されてましたね)
最初きちんと見てなかったからびっくりしたほんと。笑

しかし囲まれてましたねー。笑



卒業、卒業。
私も色々な想いから、卒業しよう、しなければ。







関係ないけど、
じャニずのライブ形式は勢いがありますよね、すごかったですね。
ついついファンの方に目がいってしまいました…。
あの至近距離で見たら、それは黙ってられないよね。
私だったら一体どうなるんだろう…怖い(笑)








地味に風邪をひきそうです(+_+)だめだめ、風邪なんてひけない!
あさってはプレミアムな日なんですもん。。。

どんな感じかわからないですが、きっとかなり近い距離で見れるはず。
せっかくツイてるので、体調気をつけなければ…泣

薬を飲んでさっさと寝ます◎

わー寝るぞ寝るぞー
[PR]
by remio-clover | 2009-03-22 02:33

2009.03.18のこと。

色々書くことはあるのですが、どうしても先に書きたいというか…
伝えたいことがありまして、PCに向かいました。

(これは私信です、きっと見てくれることでしょう)


この日は、私が夢の武道館2Daysを終えた旅の最終日で、
Rさんを通じて繋がったある人との、下北デートの日でした。
私は彼女のブログをずっと密かに覗いていたファンでして。笑
でも彼女も同じだったそうで。
私たちにはとても不思議な繋がりや共通点が多く、勝手に仲良くさせてもらってます。笑

私が感じていたこと、印象、私が言葉にしたことは、
お世辞でも何でもなく、率直な意見でした。
多分色々なことを、引くくらいいっぱい言ってしまってたと思うけど…苦笑

以前は、
文章だけで中身の人間性やその人の感覚がわかるはずはない、
そこだけのイメージで期待や過大評価されても困る、
文章の私が私の全てでは無い、と思っていた私ですが、
こうしたブログを通して、生身で様々な人たちに触れ、
彼女と初めて二人きりで長い時間(まだまだ足りませんけどー)対話して、
文章だけで伝わる、伝えられる部分ってこんなに大きいんだなぁってことを感じたのです。
もちろんそれを捉える人の感性や、感覚が1番大きいですけどね。

彼女のその感性と感覚で、私をそんな風に捉えていてくれたことが、
本当に嬉しくて嬉しくて感動して、泣きそうなくらいだったんです。

正直この日に挑む私には、楽しみと一緒に心の奥にゴロっと転がる不安がありました。
それは、
文章で私を良く捉えてくれている、まだ数回の短い時間でしか触れ合ったことがない彼女に、
生身の私を長時間晒すということは、
あっという間に私の黒い部分がにょきっと出て、
私という人間がどんなヤツかってことがバレて、
嫌われやしないかって。

果てしなくネガティブだよね。笑


会いたくて会いたくて、話したいことも渡したいものもたくさんあって、
わくわくしてたまらなかったのは本当で、でもそれと同時に、嫌われるカウントダウンが
始まってるんじゃないか?ってどきどきしてたんです。

こういうの「好きだから余計に」とか「好きすぎて」って言うのかなぁ。笑
深読みしたり、余計なこと考えちゃうっていうか。

数時間一緒に過ごして想ったことは、
やっぱり彼女は文章そのままの、純度100%のキラキラした女の子で、
周りや自分のことをとても真剣に考える、とても真面目で繊細な感覚を持った、
私の憧れの人なのです。

b0077197_471022.jpg


そして登場がまるで、ふわっと春を連れてきた、かわいらしい小さな花みたいな。

あまりにも純度が高くて、いやー困ったもんだー照れてしまうわー。という感覚に。笑

あなたが私に言ってくれた言葉や、話を聞いてくれる真っ直ぐな目を見ていたら、
私騙してしまってるんじゃないかなぁ…って何度も思ってしまいました。笑


私はそんなに優しい人間でもなくて、グチばっかり言うし、空気読めないし、
意味不明な会話ばっかりしてしまうし、話もまとめられなくてグダグダだし、
都会にアワアワしてしまう、かわいいアナタにソワソワしてしまう、おかしなヤツなんです。

あーでも本当に本当に会えて、たくさん(足りないけど)話せて、
嬉しかったー
幸せだったー
もしも近くに住んでいたら、いつでも会いに行きたい感じ。
年齢はかけ離れてるけど、そういうのが気にならないくらい、同じ感覚で話せることがいっぱいで。
TBTの話とか、当時の自分のブログが若いーとか、いつからブログ始めた?とか、
お互いがいつ頃から気になり出したんだろーとか、こういう出会いは本当に奇跡だとか、
懐かしいこともいっぱい話せて、嬉しかったなぁ。

そんなこんなで、感謝いっぱい。
また会いたいです。いや、会います会えます、会いに行きます。
もっともっと、長時間たっぷりまったり、18日みたいな散歩やトークができたらいいな。



さて、
私はかなりのストーカーなので、すぐに読ませて頂いたんですよ。笑
その前にまず一つ、ものすごい大発見をしてしまったのでお伝えしたいと思います!
上に書いた彼女との会話の中で、いつからブログを…?って話題が出たんですが、
私は正直はっきり覚えていなかったんです。
薄れた記憶を辿りながら、似たような時期かもねぇー☆なんて曖昧な感じで話してて、

で、帰って色々を思い返して、あぁー…いつだったんだろう…!って気になって、
まず彼女の、最古の日付を確認して(勝手にごめんなさい。笑)
ふと自分の、本当に最初の(ヤプ)ブログの最古の日付を見てみたら、

なんと同じ日だったんです。

2005年10月16日

いや、これ奇跡だと思ったんですよ。
奇跡ってそんなにあるものじゃないはずなのに、彼らで繋がる輪にはたくさん奇跡が起こって、
その全てが信じられない夢みたいなものだったり、有り得ないことばっかりで、
なんだろうこれ、やっぱりetherなんでしょうかね。笑

そういうことを、感じずにはいられなかったのです。

あくまでもここではなく、私が最初に立ち上げた(ヤプ)ブログの方で確認したものですが。
もしかしたら彼女はそこは見てなかったかも…?
いや、そんなことはないかなって…思いたいです。笑









そして有り得ないくらい長いのに、まだ書いてしまうんです。
ほんと気持ち悪くてすみません…笑

わかっていました。
[PR]
by remio-clover | 2009-03-21 03:39 | マイライフ。

嬉しかったこと

今日、いつもCSの録画をお願いしてるパートさんが、
「今の曲(SAKURA)いいよね!」って言ってくれて、
更に、
「なんか明るくて合ってる!しっとりした曲もいいけど、
ああいう方が合ってるしカッコイイ!」
って言ってくれたんです(*´ω`*)わ~すごく嬉しい

レミヨの良いとこわかってくれた(*´ω`*)
そうです!彼らはそういう激しい曲がまた良いんです!



これでここ1ヶ月くらいの間に「SAKURA」が、
6人くらいの人から良い曲だねって言われたんです!

1人でも嬉しいのに、狭い(身近な)中でたくさんの人に言われるのって、
すごく嬉しいです(:∀;)〓

たくさんの人にベストが届いたらいいなぁ。

武道館楽しみだなぁ。
[PR]
by remio-clover | 2009-03-11 22:09

振り返る3月9日

昨日の、3月9日になった瞬間(0:00)を振り返ってみたら、
私は親友の、元気を取り戻した声を聞いていました。
ほっと一安心。

なにげなくその瞬間が、
なんとなく過ぎていて、
なんだかそれがよかった。

どこか特別なんだけど、
当たり前のように、いつもと変わらない日。

でも心で意識してしまう日。
3月9日という文字を見るだけで、
仕事中もいちいちニヤニヤしてしまう一日。

仕事では色々なことがあったけど、
3月9日というだけで、私がシャンとしなければ…という気持ちにさせてくれた。
色々あるんだけど、やっぱりもう少し頑張ってみようという方向に変わりそうです。
私より何百倍も頑張ってる人が、困っていたり無理していたら、ほっとけないんですもん。
その姿を見るたびに、胸が張り裂けそうになります。
もちろん、支えたり助けたりできる器はないので、
私ができることを、私なりに精一杯やって、
そういう人の負担が少しでも軽くなったらいいなぁ…って。
ただそれだけなんです。

あんなに頑張っている人をなぜ、そんなに苦しめるの?
もう充分、試練はたくさん受けているでしょう。
誰よりも強くて頑張れる人だからって、
神様はひどいよって、思ってしまいます。
これ以上なにかあったら、あの広くて深い心が潰れてしまうかもしれない。
そんなのはいやだ。
その人がその人らしくいられることを願い、応援します。
私ができることは多分、ほんの小さなことだけど、
ひとときでも、
笑顔の回数が増えますように。





・ ・ ・ ・ ・ 



3月9日にTVで歌われた「3月9日」が、久しぶりの3人だったこと。

本来の「スリーピース」だったこと。

シンプルな混ざり気のない音が、新鮮で純粋で、心にズガンときてしまったよ。

新鮮なんて変だけどね。笑

スリーピース以外に否定があるわけではなくて、
純粋に懐かしい感覚が込み上げて、鮮やかに蘇ったんです。
3月9日武道館ライブDVDのシーンがリンクして、
確実に変わっているのに変わらない彼らがいて、
この日にこの曲が映像込みで聴けたことが、とても感慨深かった。


私だって
全てを許しているわけでもなく、不満がないわけではないよ。
でもそれを全て包み込むくらい、それを飛び込えるくらい、愛の方が勝っているから、
だから私はあまり言葉には表さないんです。

深く想い愛するからこそ否定が生まれることも、
そういうことひっくるめて愛することも、
どれも間違いがなくて、嘘がない、正直な姿で。
それぞれの色で。
私も私なりの、色があるのです。

ベストがそれぞれのファンにとって、ベストかベストじゃないかはどちらでも良いと思う。
そういうことではなく、
私は今の彼らの足跡として、迎えたいとそう思うだけなんです。

これは通過点で、
これからに続く一つの足跡で、
戦いも冒険もまだまだ続く気がするんです。
むしろこれからなのかもしれないですよね。
今までよりもっと険しいかもしれないし、
今までよりもっとまばゆくて目が開けられないくらいかもしれない。
細めて見る先は、真っ白か真っ黒か、それ以外の色かはわからないですが。

私はファンとして、これからも様々な感情を持ちながら、
色々な色に染まる彼らの世界を、
できるだけ真っすぐ、きちんと目を開けて見ていたいんです。



だから彼らにとって、とても意味のあるあの場所で、また演奏する姿を、見に行きたいと思ったんです。
昔の彼らではなく、
今の彼らを。

そこに理想や幻想や想い出を求めすぎるのは、何だか嫌なんです。
個人的な感情や、凝り固まった感情で形を作ってしまったら、
彼らの放つありのままを、遮断してしまう気がして、
そういう風に思いたくないんです。

ただの私のわがままなのかもしれないし、
これは変わった感覚なのかもしれないですが、
私はそういう風に彼らと向き合っていきたいんです。

正しいか間違ってるかなんてわからないけど。

迷いがあればあるこそ踏み込んでみたりするのもいいかもしれないし、
単純に真っすぐ疑いなく触れてみるのもいい。


何度も記していますが、
よっぽどのことがない限り、私は彼らを追い続ける心を止めるつもりはないので、
変わらず程よい距離感で、
心地よく触れ合っていたいです。
つかず離れずくらいの、熟年夫婦くらいの、
気を遣いすぎない距離を保って。

重荷になったら悲しいもの。
好きすぎて、想いすぎて、
嫌いになったりとか絶対したくない。
そういうの何か切ないしもったいない。

だからといって、何でも受け入れたりするわけじゃなく、もちろん悩んだりもしますよ。
だって大好きですから。

そうやって彼らが感じていく色々を、一緒に感じていけたらいいな、って。
単純にそれだけ。


そんなことを思っている私の、3月9日でした。



感情、感覚は人それぞれなので、
これを読んでもし良い気持ちがしなかった方がいたらごめんなさい…。
これは私という人間の、私なりの、彼らとの向き合い方です。

こういう人もいるんだなぁって程度にみてくれたら幸いです…。
[PR]
by remio-clover | 2009-03-10 02:29

ももー

b0077197_2325490.jpg

今年の
私の3月9日。
[PR]
by remio-clover | 2009-03-09 23:25

3月9日

本日はレミオロメンの日です。
レミオロメンとファンにとっては、特別で大切な日なんです。

私がなぜ彼らの音楽を好きなのかをあらためて考えてみたんですが、
やっぱり、
とても真っすぐで嘘がなく、
常に戦い続け、
変化していて、
そういう姿が、ありのままなところ。
飾らなくて、
素直で、
不器用で、
精一杯で、
キラキラしてて、
あったかくて、
見てたら幸せになるんです。

私にしかわからない特別な感情で、
彼らは私にとって、かけがえのない存在です。

音楽がそこまで人の心に染み入るって、すごいことですよね。



要約すると、
私にとってレミオロメンは、
私が藤巻さんに伝えたメッセージそのまま。
「レミオロメンの音楽は、悲しいときも楽しいときも、いつも心の隣にいてくれる大切な存在です」

いつもあったかい気持ちにしてくれてありがとう。




そして今日はレミオベスト発売です!
みなさまかわいい桃のCDを見かけたら、優しい目と優しい耳で触れてあげて下さいね◎
[PR]
by remio-clover | 2009-03-09 03:09 | レミオロメン☆